天野隆の相続応援日記 INHERITANCE SUPPORT DIARY OF TAKAHASHI AMANO ここでは資産税専門の税理士法人レガシィの専門家が、「相続の仕事で感じたこと」、「ルール化されたこと」、「お知らせしたいこと」を書かせていただいています。皆様の何かのヒントになれば幸いです。

2005.9.25 行方不明の相続人がいる場合

2005.9.25 | カテゴリ:相続応援日記

失踪宣告の審判をしてもらうというやり方があります。不在者の行方不明が7年以上のときは、家庭裁判所に失踪宣告の申立てて、失踪宣告の審判をしてもらうことができます。この審判がありますと、その不明者は、不明になってから7年経過したときに死亡したものとみなされます。そして、その不在者の子がいれば、その子が遺産分割協議に加わることになります。

 

不在者財産管理人を選任してもらうやり方があります。生死不明の状態が7年にも満たない場合や、どこかで生きているという噂がある場合には、失踪宣告の申立はできません。不在者財産管理人は家庭裁判所の許可を得れば、他の相続人と遺産分割の協議をすることができます。ところがこれがなかなか難しいものです。

記:資産家を応援する相続・相続税の専門家:天野隆。496。(幸せなキャッシュフロープロジェクト)(もめない・もめさせない遺産相続プロジェクト)

相続準備の応援メールマガジン「知って得する相続豆知識」はこちららから:ホームページ「あなたの相続お悩み解決サイト」はこちらから

  • 無料面談、無料メール相談
  • 知って得する相続豆知識 メールマガジン

アーカイブ

  • ※日本最大級とは創業以来の申告・有料コンサルティング合計件数のことを指します。

PAGE TOP