相続税申告件数は日本で最大級 50年を超える歴史 税理士法人レガシィ

天野隆の相続応援日記 INHERITANCE SUPPORT DIARY OF TAKAHASHI AMANO ここでは資産税専門の税理士法人レガシィの専門家が、「相続の仕事で感じたこと」、「ルール化されたこと」、「お知らせしたいこと」を書かせていただいています。皆様の何かのヒントになれば幸いです。

2009.10.22 葬儀。お墓。寄与分。その3

2009.10.22 | カテゴリ:相続応援日記

お客様から「違う形は無いものか?」と聞かれた事を今回は述べてみたいと思います。しきたりがあることはみなさん承知されています。それが日本人の心に受け継がれていることも承知されています。されど情報化社会の今日を考えるとこのままでいいのだろうか?という問題提起です。

両親の面倒を見てきた方に、法定相続分均等を崩すことには今の法律は残念ながら配慮していません。寄与分と言うのは財産を増やした場合に限られます。精神的に肉体的に面倒を見た方に丁寧な法律的配慮は無いようです。そこで遺言が登場します。遺言は自由と博愛と平等に基づくものと言われています。財産を自由に相続させるため法定相続分に限らず遺言が出来ます。遺留分(遺言でも留めておく分)さえ犯さないような遺言で介護をしてきた方への配慮が可能となります。しかし遺言が無い場合は…………………。


記:資産家を応援する相続・相続税の専門家:天野隆。1759

(幸せなキャッシュフロープロジェクト)(もめない・もめさせない遺産相続プロジェクト)

相続準備の応援メールマガジン「知って得する相続相豆知識」はこちららから:ホームページ「あなたの相続お悩み解決サイト」はこちらから

相続のメール無料相談はこちらから


お客様から「違う形は無いものか?」と聞かれた事を今回は述べてみたいと思います。しきたりがあることはみなさん承知されています。それが日本人の心に受け継がれていることも承知されています。されど情報化社会の今日を考えるとこのままでいいのだろうか?という問題提起です。

両親の面倒を見てきた方に、法定相続分均等を崩すことには今の法律は残念ながら配慮していません。寄与分と言うのは財産を増やした場合に限られます。精神的に肉体的に面倒を見た方に丁寧な法律的配慮は無いようです。そこで遺言が登場します。遺言は自由と博愛と平等に基づくものと言われています。財産を自由に相続させるため法定相続分に限らず遺言が出来ます。遺留分(遺言でも留めておく分)さえ犯さないような遺言で介護をしてきた方への配慮が可能となります。しかし遺言が無い場合は…………………。


記:資産家を応援する相続・相続税の専門家:天野隆。1759

(幸せなキャッシュフロープロジェクト)(もめない・もめさせない遺産相続プロジェクト)

相続準備の応援メールマガジン「知って得する相続相豆知識」はこちららから:ホームページ「あなたの相続お悩み解決サイト」はこちらから

相続のメール無料相談はこちらから

  • 無料面談、無料メール相談
  • 知って得する相続豆知識 メールマガジン

アーカイブ

  • ※日本最大級とは創業以来の申告・有料コンサルティング合計件数のことを指します。

PAGE TOP