相続税申告件数は日本で最大級 50年を超える歴史 税理士法人レガシィ

天野隆の相続応援日記 INHERITANCE SUPPORT DIARY OF TAKAHASHI AMANO ここでは資産税専門の税理士法人レガシィの専門家が、「相続の仕事で感じたこと」、「ルール化されたこと」、「お知らせしたいこと」を書かせていただいています。皆様の何かのヒントになれば幸いです。

2007.12.7 自民党税制調査会の審議。その4

2007.12.7 | カテゴリ:相続応援日記

自民党税制調査会は、連日12月13日のまとめに向けて2008年税制改正に関する審議をされています。その審議の中から実務家として気になるところを記します。

相続税では、現行制度の法定相続分課税方式の問題点が指摘されています。

自己が取得した財産だけなく、他の相続人が取得したすべての財産を把握しなければ、正確な税額の計算・申告が出来ない

相続により取得した財産の額が同額でも法定相続人の数によって税額が異なる

居住や事業の継続に配慮した課税価格の減額措置により、居住の継続に無関係な他の共同相続人の税負担まで緩和される。

さて相続税の改正はどうなるのでしょうか?

テーマは事業承継税制、課税範囲の拡大です。


記:資産家を応援する相続・相続税の専門家:天野隆。1289。

(幸せなキャッシュフロープロジェクト)(もめない・もめさせない遺産相続プロジェクト)

相続準備の応援メールマガジン「知って得する相続相豆知識」はこちららから:ホームページ「あなたの相続お悩み解決サイト」はこちらから

相続のメール無料相談はこちらから

  • 無料面談、無料メール相談
  • 知って得する相続豆知識 メールマガジン

アーカイブ

  • ※日本最大級とは創業以来の申告・有料コンサルティング合計件数のことを指します。

PAGE TOP