相続税申告件数は日本で最大級 50年を超える歴史 税理士法人レガシィ

天野隆の相続応援日記 INHERITANCE SUPPORT DIARY OF TAKAHASHI AMANO ここでは資産税専門の税理士法人レガシィの専門家が、「相続の仕事で感じたこと」、「ルール化されたこと」、「お知らせしたいこと」を書かせていただいています。皆様の何かのヒントになれば幸いです。

2008.6.3 老舗価値と相続。その2

2008.6.3 | カテゴリ:相続応援日記

このシャトーとは何でしょうか。幸福のワインとレシピ(http://www.atelier-v.jp/col_beychevelle.html)ではこう解説されています。

「ボルドーで使われている「シャトー」という言葉は、フランス語で、「城」や「館」を意味する一般的な「シャトー」とは違う使われ方です。ブドウ園を所有してワインを生産する生産者や、ブドウ園そのものを意味するのです。このように「シャトー」を名乗ることができるワインは一定の条件があります。その条件とは、ブドウ園の持ち主が、所有する畑内やその付近に自分の醸造所を持ち、自分の畑から取れたブドウを使って自ら醸造していること。その自らが醸造したワインに限って、「シャトー○○」を名乗ることができます。つまり自己畑、自己醸造、自己瓶詰めをしたワインは、シャトー名をつけて自分のブランドとして、市場に出すことができるのです。いくら自分の畑から獲れたブドウでも、他社(他者)に売ってしまったら、自分のブランドとすることはできません。」

これを日本で言えば、営業権(暖簾)つきの会社の株式ということになるでしょう。将来の利益を見込んだ上で、売り手と買い手が存在します。将来の収益と将来の費用を意識した、見込収益力がポイントとなります。

同じシャトーでも、お城や館は、別荘としての利用が多く、処分価値の比重が高く、価値の計算が違ってきます。


記:資産家を応援する相続・相続税の専門家:天野隆。1423。

(幸せなキャッシュフロープロジェクト)(もめない・もめさせない遺産相続プロジェクト)

相続準備の応援メールマガジン「知って得する相続相豆知識」はこちららから:ホームページ「あなたの相続お悩み解決サイト」はこちらから

相続のメール無料相談はこちらから

  • 無料面談、無料メール相談
  • 知って得する相続豆知識 メールマガジン

アーカイブ

  • ※日本最大級とは創業以来の申告・有料コンサルティング合計件数のことを指します。

PAGE TOP