相続税申告件数は日本で最大級 50年を超える歴史 税理士法人レガシィ

天野隆の相続応援日記 INHERITANCE SUPPORT DIARY OF TAKAHASHI AMANO ここでは資産税専門の税理士法人レガシィの専門家が、「相続の仕事で感じたこと」、「ルール化されたこと」、「お知らせしたいこと」を書かせていただいています。皆様の何かのヒントになれば幸いです。

2012.6.12 老人ホーム入居者と小規模宅地の評価減。その4

2012.6.12 | カテゴリ:相続応援日記

老人ホームへの入所により空家となっていた建物の敷地について小規模宅地等の特例が使えるかという質疑応答があります。

課税庁は、自宅が空家のままであること、終身利用権を取得していないことなどの4つの要件を示し、有料老人ホームへ生活の拠点を移したか否かの判断基準としています。

しかし、この基準により小規模宅地の特例が使えなくなってしまった納税者が、その取扱いは不当であるとして訴え、争われたのが東京地裁平成23年8月26日判決です。

自宅での介護が極めて困難になったため、介護を必要としてやむを得ず終身利用権が付された老人ホームに入所したにもかかわらず、小規模宅地の適用ができなくなってしまうのは不当であるという主張です。


<参考>

・老人ホーム入居者と小規模宅地の評価減。その1 ・・・ 5/25(金)

・老人ホーム入居者と小規模宅地の評価減。その2 ・・・ 5/28(月)

・老人ホーム入居者と小規模宅地の評価減。その3 ・・・ 5/29(火)



記:資産家を応援する相続・相続税の専門家:税理士法人レガシィ 風岡範哉。2402

(幸せなキャッシュフロープロジェクト)(もめない・もめさせない遺産相続プロジェクト)

相続準備の応援メールマガジン「知って得する相続豆知識」はこちららから:ホームページ「あなたの相続お悩み解決サイト」はこちらから

相続のメール無料相談はこちらから

  • 無料面談、無料メール相談
  • 知って得する相続豆知識 メールマガジン

アーカイブ

  • ※日本最大級とは創業以来の申告・有料コンサルティング合計件数のことを指します。

PAGE TOP