相続税申告件数は日本で最大級 50年を超える歴史 税理士法人レガシィ

天野隆の相続応援日記 INHERITANCE SUPPORT DIARY OF TAKAHASHI AMANO ここでは資産税専門の税理士法人レガシィの専門家が、「相続の仕事で感じたこと」、「ルール化されたこと」、「お知らせしたいこと」を書かせていただいています。皆様の何かのヒントになれば幸いです。

2019.5.22 給料から天引きされる税金の話。その1

2019.5.22 | カテゴリ:相続応援日記, その他

新入社員の方は初任給の支払いがあったのではないでしょうか。

給料明細を見るとわかりますが、手取りの金額というのは

額面からすると、いくらか減っていると思います。

減っている原因はご存じのとおり、税金や健康保険料です。

今回は天引きされる税金・保険料などのお話をさせて頂こうと思います。

 徴収される税金の代表例は所得税です。

所得税は毎月源泉徴収され、年末に調整が行われます。

住民税については、前年の課税所得を基に計算するため、

前年に所得がない人は住民税が徴収されません。

(バイト等で一定額給料をもらっていた人を除きます)

社会人2年目から手取りが減ったという話があるのは、

この住民税の徴収が始まったためです。

 次回からより詳しく書いていきます。

記:資産家を応援する相続の専門家:税理士法人レガシィ 森田太郎 4088

(幸せなキャッシュフロープロジェクト)(もめない・もめさせない遺産相続プロジェクト)

  • 無料面談、無料メール相談
  • 知って得する相続豆知識 メールマガジン

アーカイブ

  • ※日本最大級とは創業以来の申告・有料コンサルティング合計件数のことを指します。

PAGE TOP