相続税申告件数は日本で最大級 50年を超える歴史 税理士法人レガシィ

天野隆の相続応援日記 INHERITANCE SUPPORT DIARY OF TAKAHASHI AMANO ここでは資産税専門の税理士法人レガシィの専門家が、「相続の仕事で感じたこと」、「ルール化されたこと」、「お知らせしたいこと」を書かせていただいています。皆様の何かのヒントになれば幸いです。

2009.6.3 経済危機対策における税制改正法案。その3

2009.6.3 | カテゴリ:相続応援日記

住宅取得のための時限的な贈与税の軽減は生前贈与の促進により高齢者の資産を活用した需要の創出を図るため、平成22年末までの時限措置です。内容は次の通りです。

直系尊属から居住用家屋の取得に充てるために金銭の贈与を受けた場合には500万円まで贈与税を課さないこととする。この特例は、暦年課税又は相続時精算課税の従来の課税枠にあわせて適用可能とする。

期間は平成21年1月1日から平成22年12月31日までの間です。

20歳以上の者が、その直系尊属である者から受ける、自らの居住用家屋の取得に充てるための金銭の贈与が対象です。

ここで居住用家屋の範囲は、現行の住宅取得等資金の贈与に係る相続時精算課税の特例と同様としています。


記:資産家を応援する相続・相続税の専門家:天野隆。1671。

(幸せなキャッシュフロープロジェクト)(もめない・もめさせない遺産相続プロジェクト)

相続準備の応援メールマガジン「知って得する相続相豆知識」はこちららから:ホームページ「あなたの相続お悩み解決サイト」はこちらから

相続のメール無料相談はこちらから

  • 無料面談、無料メール相談
  • 知って得する相続豆知識 メールマガジン

アーカイブ

  • ※日本最大級とは創業以来の申告・有料コンサルティング合計件数のことを指します。

PAGE TOP