相続税申告件数は日本で最大級 50年を超える歴史 税理士法人レガシィ

天野隆の相続応援日記 INHERITANCE SUPPORT DIARY OF TAKAHASHI AMANO ここでは資産税専門の税理士法人レガシィの専門家が、「相続の仕事で感じたこと」、「ルール化されたこと」、「お知らせしたいこと」を書かせていただいています。皆様の何かのヒントになれば幸いです。

2012.7.25 納税者勝訴で国税庁、取扱いの変更。その1

2012.7.25 | カテゴリ:相続応援日記

納税者勝訴により、相続税において「庭内神し」の敷地が非課税となりました。

7月20日にお伝えした内容をもう少し掘り下げてみたいと思います。

「庭内神し」とは屋敷内にある神の社や祠といったご神体を祀り日常礼拝の用に供しているものをいい、不動尊、地蔵尊、道祖神、庚申塔、稲荷等で特定の者又は地域住民の信仰の対象とされているものをいいます。

 これまでは、庭内神しの敷地は非課税財産に含まれていなかったことから、相続税の課税対象となっていました。

 道路に面している不動尊等で、不特定多数の者(地域住民)の信仰の対象とされている場合については30%評価を行うという実務上の取扱いもありました。

 それが、先般の平成24年6月21日東京地裁判決により、非課税財産と認定されたことから、国税庁は、庭内神しの敷地を非課税とする取扱いに変更することとなりました。


記:資産家を応援する相続・相続税の専門家:税理士法人レガシィ 風岡範哉。2432

(幸せなキャッシュフロープロジェクト)(もめない・もめさせない遺産相続プロジェクト)

相続準備の応援メールマガジン「知って得する相続豆知識」はこちららから:ホームページ「あなたの相続お悩み解決サイト」はこちらから

相続のメール無料相談はこちらから

  • 無料面談、無料メール相談
  • 知って得する相続豆知識 メールマガジン

アーカイブ

  • ※日本最大級とは創業以来の申告・有料コンサルティング合計件数のことを指します。

PAGE TOP