天野隆の相続応援日記 INHERITANCE SUPPORT DIARY OF TAKAHASHI AMANO ここでは資産税専門の税理士法人レガシィの専門家が、「相続の仕事で感じたこと」、「ルール化されたこと」、「お知らせしたいこと」を書かせていただいています。皆様の何かのヒントになれば幸いです。

2012.2.20 等価交換方式による事業用の買換えの改正。

2012.2.20 | カテゴリ:相続応援日記

等価交換方式による事業用の買換えの改正は、個人であれば、措置法37条の5第1項の1号(特定民間再開発事業の施行地区内における土地建物等から中高層耐火建築物への買換えの場合の特例)ですが、実は、同条、同項の2号(既成市街地等内にある土地等の中高層耐火共同住宅の建設のための買換えの場合の特例)は、改正がなく3年延長されています。

2号は、譲渡資産の用途は問いません。買換資産は、建築物の床面積の50%以上が専ら居住の用に供していれば良いので、50%未満を賃貸用とすることも可能です。

1号で該当しない場合には、2号で課税の繰延の適用が受けられないか検討してみてください。

法人の場合には廃止となったので、新9号のみの適用となります。


記:資産家を応援する相続・相続税の専門家:税理士法人レガシィ 杉澤桜2317

(幸せなキャッシュフロープロジェクト)(もめない・もめさせない遺産相続プロジェクト)

相続準備の応援メールマガジン「知って得する相続豆知識」はこちららから:ホームページ「あなたの相続お悩み解決サイト」はこちらから

相続のメール無料相談はこちらから

  • 無料面談、無料メール相談
  • 知って得する相続豆知識 メールマガジン

アーカイブ

  • ※日本最大級とは創業以来の申告・有料コンサルティング合計件数のことを指します。

PAGE TOP