相続税申告件数は日本で最大級 50年を超える歴史 税理士法人レガシィ

天野隆の相続応援日記 INHERITANCE SUPPORT DIARY OF TAKAHASHI AMANO ここでは資産税専門の税理士法人レガシィの専門家が、「相続の仕事で感じたこと」、「ルール化されたこと」、「お知らせしたいこと」を書かせていただいています。皆様の何かのヒントになれば幸いです。

2019.2.4 空家譲渡の3,000万円控除の見直し。その1

2019.2.4 | カテゴリ:相続応援日記, 税制改正

皆さんは、空家を譲渡した場合の3,000万円の特別控除の特例をご存知でしょうか。

概要を説明すると、被相続人が居住の用に供していた家屋・土地で空家となっているものを

相続した者が、建物を耐震リフォーム又は取り壊しして相続開始日から3年を経過する日の

属する年の12月31日までに譲渡をした場合には、譲渡所得の金額から3,000万円を控除

するというものです。

 今回の平成31年度税制改正によって、この特例が改正されました。

改正のポイントは次の2点です。

ア.特例適用期間の4年間延長

   →適用期間が2023年12月31日までとなりました。

イ.被相続人が老人ホームに入居していた場合を対象に含める

   →通常、子供は親が老人ホームに入ったからといって家を売却しません。

    現行制度では、老人ホームに入った親がそのまま亡くなってしまうと

    特別控除ができなかったところを、改正により適用可能にしたというものです。

次回は、この改正の内容をより詳しく見ていきます。

記:資産家を応援する相続の専門家:税理士法人レガシィ 森田太郎 4019

(幸せなキャッシュフロープロジェクト)(もめない・もめさせない遺産相続プロジェクト)

  • 無料面談、無料メール相談
  • 知って得する相続豆知識 メールマガジン

アーカイブ

  • ※日本最大級とは創業以来の申告・有料コンサルティング合計件数のことを指します。

PAGE TOP