相続税申告件数は日本で最大級 50年を超える歴史 税理士法人レガシィ

天野隆の相続応援日記 INHERITANCE SUPPORT DIARY OF TAKAHASHI AMANO ここでは資産税専門の税理士法人レガシィの専門家が、「相続の仕事で感じたこと」、「ルール化されたこと」、「お知らせしたいこと」を書かせていただいています。皆様の何かのヒントになれば幸いです。

2017.3.13 空き家譲渡の特例。その3

2017.3.13 | カテゴリ:相続応援日記, 税制改正

平成28年分確定申告から初適用となる税制改正項目はいくつかありますが、その中でも、「空き家に係る譲渡所得の特別控除」は、注目度が高いのではないでしょうか。

前回の当ブログでもご紹介した通り、この特例を受けるために家屋を取壊す場合、取壊し費用は、買主が負担しても問題ありません。

ちなみに、この特例を受けるための要件の中に、「売却代金が1億円以下」というものがあります。

この「売却代金」には、何が含まれるのでしょうか?

・譲渡協力金

・移転料

・除却工事の費用

といった、名義に関わらず、実質的な譲渡対価については、全て含まれることになります。

したがって、買主が負担する取壊し費用があった場合、その金額も含めて、1億円を超えるか超えないかの判定をすることになります。

記:資産家を応援する相続の専門家:税理士法人レガシィ  天満 亮  3559

(幸せなキャッシュフロープロジェクト)(もめない・もめさせない遺産相続プロジェクト)

  • 無料面談、無料メール相談
  • 知って得する相続豆知識 メールマガジン

アーカイブ

  • ※日本最大級とは創業以来の申告・有料コンサルティング合計件数のことを指します。

PAGE TOP