天野隆の相続応援日記 INHERITANCE SUPPORT DIARY OF TAKAHASHI AMANO ここでは資産税専門の税理士法人レガシィの専門家が、「相続の仕事で感じたこと」、「ルール化されたこと」、「お知らせしたいこと」を書かせていただいています。皆様の何かのヒントになれば幸いです。

2016.5.11 空き家に係る譲渡所得の特例の追加情報。その2

2016.5.11 | カテゴリ:相続応援日記, 相続関連情報

平成28年度税制改正により、今年の41日より空き家に係る譲渡所得の特別控除の特例が施行されました。

その中で最近、被相続人が相続開始までの間、介護施設に入居していた場合におけるこの特例の適用につき、情報がでてきました。

介護施設に入居したまま(自宅が空き家の状態で)ご相続が発生した場合、今回の空き家に係る譲渡所得の特別控除の特例は適用できない、とのことです。

理由は、今回の特例は「生活の本拠」がどこにあるのか、で判定をすることとなるからです。

介護施設に入居した、ということは「生活の本拠」が介護施設に移行したと考えます。

結果、相続開始の直前において被相続人の居住の用に供されていた家屋には該当しない、との結論になってしまうようです。

現段階ではこの特例に係る通達等の整備がなされていませんが、特殊な事例の対応あたっては、通達の公表を待って特例の適用可否判断をした方がよいものもありそうです。

記:資産家を応援する相続の専門家:税理士法人レガシィ 三澤郁夫 3354

(幸せなキャッシュフロープロジェクト)(もめない・もめさせない遺産相続プロジェクト)

 

  • 無料面談、無料メール相談
  • 知って得する相続豆知識 メールマガジン

アーカイブ

  • ※日本最大級とは創業以来の申告・有料コンサルティング合計件数のことを指します。

PAGE TOP