相続税申告件数は日本で最大級 50年を超える歴史 税理士法人レガシィ

天野隆の相続応援日記 INHERITANCE SUPPORT DIARY OF TAKAHASHI AMANO ここでは資産税専門の税理士法人レガシィの専門家が、「相続の仕事で感じたこと」、「ルール化されたこと」、「お知らせしたいこと」を書かせていただいています。皆様の何かのヒントになれば幸いです。

2018.7.5 税務行政の将来。その2

2018.7.5 | カテゴリ:相続応援日記, その他

 先月、国税庁より公表された「税務行政の将来像」には現在の取り組みが紹介されています。

〇個人向け

・給与所得者の医療費控除またはふるさと納税等による還付申告を対象に、国税庁ホームページの「確定申告書等作成コーナー」にスマートフォン・タブレット専用画面を提供するためにシステム開発(H31年1月導入予定)

・e-Taxの利用手続きを簡便化するために、マイナンバーカード方式を導入しスムーズな利用環境を提供

・ID・パスワードによるe-Tax利用を可能に(H31年1月導入予定)

・年末調整手続きについては、保険会社等から電子的に交付された控除証明書等を活用し、勤務先に提出できる仕組み(年末調整控除申告書作成システム)を提供(H32年10月導入予定)

などが紹介されています。

確かにひと昔前に比べパソコンの前に座ってデータを入力するということがだいぶ少なくなってきたなと感じている人は多いのではないでしょうか。スマートフォンなどでいつでもどこでも手軽に確認、入力を行うことで電子申告がスムーズに行えるようになるのかもしれません。

e-Taxに関しては、現行ではICカードリーダライタによる本人確認が必要なことが個人レベルで電子申告化がイマイチ進まない原因かもしれません。ICカードリーダライタが不要になりID・パスワードで申告することができるようになることはセキュリティ面で問題なければ電子化がより推進しやすくなるのではないかと思います。

次回は、納付手続き、調査・徴収事務の取り組みをみてみたいと思います。

記:資産家を応援する相続の専門家:税理士法人レガシィ 佐藤 秀治 3879

(幸せなキャッシュフロープロジェクト)(もめない・もめさせない遺産相続プロジェクト)

 

  • 無料面談、無料メール相談
  • 知って得する相続豆知識 メールマガジン

アーカイブ

  • ※日本最大級とは創業以来の申告・有料コンサルティング合計件数のことを指します。

PAGE TOP