相続税申告件数は日本で最大級 50年を超える歴史 税理士法人レガシィ

天野隆の相続応援日記 INHERITANCE SUPPORT DIARY OF TAKAHASHI AMANO ここでは資産税専門の税理士法人レガシィの専門家が、「相続の仕事で感じたこと」、「ルール化されたこと」、「お知らせしたいこと」を書かせていただいています。皆様の何かのヒントになれば幸いです。

2018.7.4 税務行政の将来。その1

2018.7.4 | カテゴリ:相続応援日記, その他

 先月、国税庁より「税務行政の将来像」の取り組み状況が公表されました。

これは昨年6月に公表されたものが現時点でどの程度具体化しているかなどを紹介したものになります。まず今回は、昨年公表された内容を紹介します。内容としては、納税者の利便性の向上(スムーズ・スピーディ)、課税・徴収の効率化・高度化(インテリジェント)を柱に掲げ、10年後のイメージとしてそれぞれ以下のような項目が記載されていました。

○納税者の利便性の向上

・マイナポータル、e-Taxメッセージボックスより個々にあわせて税情報を配信

・メールやチャットでの税務相談チャネルの多様化

・AIによる税務相談への回答

・マイナポータル等を活用し、確定申告や年末調整の電子化および手続きの省力化

・国と地方への電子的提出のワンストップ化

・国税の納付を簡単・便利にするためダイレクト納付での複数口座登録を可能に

○課税・徴収の効率化・高度化

・マイナンバー、法人番号により国税当局が保有する資料情報データ等と申告内容を自動的にマッチングさせ、申告漏れなどを迅速に把握

・システムの自動チェック機能により把握された申告内容の疑問点についてマイナポータルなどを通じ個々に納税者に照会

・AIを活用し、土地データなどの各種情報の自動収集、土地利用状況の自動分析等を行い、路線価・倍率・株価等を自動的に評定

・軽微な誤り事項等が把握された場合、個々の納税者に是正の依頼

・統計分析の手法を活用し、納税者ごとの調査必要度の判定を精緻化

・調査等の結果、納税者に送付される更正決定通知書等をAI活用により書類作成しe-Taxのメッセージボックスなどを通じて通知

・公売財産については、ICTを活用し、インターネット上のデータを自動収集し、ビッグデータを活用した判定・分析をAIで行い、迅速かつ精緻な財産評価を可能に

税務行政の分野についてもAIが当たり前になりつつあります。

記:資産家を応援する相続の専門家:税理士法人レガシィ 佐藤 秀治 3878

(幸せなキャッシュフロープロジェクト)(もめない・もめさせない遺産相続プロジェクト)

  • 無料面談、無料メール相談
  • 知って得する相続豆知識 メールマガジン

アーカイブ

  • ※日本最大級とは創業以来の申告・有料コンサルティング合計件数のことを指します。

PAGE TOP