【テレビ電話での打合せも可能です】 税理士法人レガシィ

天野隆の相続応援日記 INHERITANCE SUPPORT DIARY OF TAKAHASHI AMANO ここでは資産税専門の税理士法人レガシィの専門家が、「相続の仕事で感じたこと」、「ルール化されたこと」、「お知らせしたいこと」を書かせていただいています。皆様の何かのヒントになれば幸いです。

2019.12.25 税制改正大綱の概要。その2

2019.12.25 | カテゴリ:相続応援日記, 税制改正

今月12日に令和2年度の税制改正大綱が公表されました。

その中で今回は、法人税に関する事項を2つ簡単にご紹介いたします。

最初に、【連結納税制度の「グループ通算制度」への移行】という項目です。

従来の連結納税制度はその計算過程が複雑なため、子会社1社の修正が生じても全社に影響が生じてしまい、事務手数が大変というデメリットが問題となっていました。

今回は従来の連結納税制度を「グループ通算制度」という別の制度に移行するものです。

従来の親法人一体申告から、各法人の個別申告とすることで計算過程を単純化されます。

一部改正はあるものの、メリットである繰越欠損金の連結法人間での通算は可能となっています。

もう一つの項目は、【オープンイノベーションに係る措置の創設】という項目です。

法人がベンチャー企業に1億円以上(中小企業者は1,000万円以上)を出資した場合、その株式の取得価額の25%以下の金額を損金算入できる、という制度です。

自社にないノウハウをベンチャー企業を通じで得ることができ、一方のベンチャー企業側は出資を得ることでさらなる開発ができることから、両社にメリットのある制度といえるでしょう。

これらの項目の詳細は後日ご案内する予定です。

記:資産家を応援する相続の専門家:税理士法人レガシィ 三澤郁夫 4236

(幸せなキャッシュフロープロジェクト)(もめない・もめさせない遺産相続プロジェクト)

 

  • 無料面談、無料メール相談
  • 知って得する相続豆知識 メールマガジン

アーカイブ

  • ※日本最大級とは創業以来の申告・有料コンサルティング合計件数のことを指します。

PAGE TOP