天野隆の相続応援日記 INHERITANCE SUPPORT DIARY OF TAKAHASHI AMANO ここでは資産税専門の税理士法人レガシィの専門家が、「相続の仕事で感じたこと」、「ルール化されたこと」、「お知らせしたいこと」を書かせていただいています。皆様の何かのヒントになれば幸いです。

  • HOME  > 
  • 相続応援日記  > 
  • 税制改正の大綱が発表されました。発表されていない情報からの推測。

2011.1.25 税制改正の大綱が発表されました。発表されていない情報からの推測。

2011.1.25 | カテゴリ:相続応援日記

相続税の基礎控除の引下げの改正で、税制調査会の会議資料でも「全国でお亡くなりになられた方が100人いたら相続税を納めている方は4人なので、これを6人程度にするために基礎控除の引下げを行っていく」とあります。

100人中、4人と聞くと相続税は一般の方にはほとんど関係ないように思われますが、これは、実は表に出ていない情報があります。

相続税は、小規模宅地等の特例の適用及び配偶者の税額軽減を受ける場合には、納税がゼロであっても特例等を受けるために相続税の申告書を提出することになっています。

国税当局は、申告書の提出をしている人の件数を把握しているはずですが、何故か公表していないようです。


また、国税庁で公表されている平成21年分の相続税の申告の状況は平成22年の小規模宅地等の特例の改正前であるため、平成22年の小規模宅地等の特例の改正の影響を受けていないデータになります。

まず、小規模宅地等の特例の改正を行い、翌年に相続税の基礎控除を引き下げる。小規模宅地等の特例の改正は、相続の専門家以外ではあまり関心が高くないところです。納税者の方が増税の大きさに気付きにくい順番で課税の強化が行われています。

改正により相続税がゼロであっても相続税申告を行う必要のある方が一気に増加すると思われますので、国税庁は、今後は相続税がゼロであっても申告を行っている人の数も発表してほしいものですし、そうすることで本当の改正の影響を知ることが出来るのではないかと思います。


記:資産家を応援する相続・相続税の専門家:税理士法人レガシィ 杉澤桜 2061

(幸せなキャッシュフロープロジェクト)(もめない・もめさせない遺産相続プロジェクト)

相続準備の応援メールマガジン「知って得する相続相豆知識」はこちららから:ホームページ「あなたの相続お悩み解決サイト」はこちらから

相続のメール無料相談はこちらから

  • 無料面談、無料メール相談
  • 知って得する相続豆知識 メールマガジン

アーカイブ

  • ※日本最大級とは創業以来の申告・有料コンサルティング合計件数のことを指します。

PAGE TOP