相続税申告件数は日本で最大級 50年を超える歴史 税理士法人レガシィ

天野隆の相続応援日記 INHERITANCE SUPPORT DIARY OF TAKAHASHI AMANO ここでは資産税専門の税理士法人レガシィの専門家が、「相続の仕事で感じたこと」、「ルール化されたこと」、「お知らせしたいこと」を書かせていただいています。皆様の何かのヒントになれば幸いです。

2019.8.14 税の歴史(法人税) その2

2019.8.14 | カテゴリ:相続応援日記, その他

法人税は、歴史的にみると明治32年の所得税改正によって生まれたものでした。

明治20年の所得税法創設にあたって法人課税の議論もされたようですが、

当時は配当を受けた個人に対して課税すれば足りるとする考え方が強かったようです。

ここから状況は変わり、明治32年の所得税法改正により法人課税制が導入され、

法人の所得に対して2.5%の比例税率が課せられるようになりました。

その後も、同じ状況が20年以上続きましたが、

大正9年の所得税改正により法人税に超過累進税率が部分的に加味されるようになり、

大正15年には税率の改正がありました。

昭和12の日中戦争開始と共に法人税率が上がっていき、

昭和15年に法人税は独立法として創設されました。

記:資産家を応援する相続の専門家:税理士法人レガシィ 森田太郎 4132

(幸せなキャッシュフロープロジェクト)(もめない・もめさせない遺産相続プロジェクト)

 

  • 無料面談、無料メール相談
  • 知って得する相続豆知識 メールマガジン

アーカイブ

  • ※日本最大級とは創業以来の申告・有料コンサルティング合計件数のことを指します。

PAGE TOP