相続税申告件数は日本で最大級 50年を超える歴史 税理士法人レガシィ

天野隆の相続応援日記 INHERITANCE SUPPORT DIARY OF TAKAHASHI AMANO ここでは資産税専門の税理士法人レガシィの専門家が、「相続の仕事で感じたこと」、「ルール化されたこと」、「お知らせしたいこと」を書かせていただいています。皆様の何かのヒントになれば幸いです。

2019.11.25 税の歴史。(消費税)その1

2019.11.25 | カテゴリ:相続応援日記, その他

今回は、消費税の歴史についてみていこうと思います。

その前に、消費税とはどういった税金なのかというところを確認していきましょう。

消費税とは、財貨・サービスの取引により生じる付加価値に着目して課税する税金です。

国税と地方税部分があり、その割合は下記のようになっています。

標準税率 国税 7.8% 地方税 2.2% 合計 10%

軽減税率 国税 6.24% 地方税 1.76% 合計 8%

また、消費税は日本の一般会計歳入の内、18.0%(175,580億円)を占めていて、

日本の税金の中では2番目に税収が多い税金となっています。

(2018年調べ)

次回以降、消費税の導入理由から見ていきましょう。

記:資産家を応援する相続の専門家:税理士法人レガシィ 森田太郎 4214

(幸せなキャッシュフロープロジェクト)(もめない・もめさせない遺産相続プロジェクト)

  • 無料面談、無料メール相談
  • 知って得する相続豆知識 メールマガジン

アーカイブ

  • ※日本最大級とは創業以来の申告・有料コンサルティング合計件数のことを指します。

PAGE TOP