相続税申告件数は日本で最大級 50年を超える歴史 税理士法人レガシィ

天野隆の相続応援日記 INHERITANCE SUPPORT DIARY OF TAKAHASHI AMANO ここでは資産税専門の税理士法人レガシィの専門家が、「相続の仕事で感じたこと」、「ルール化されたこと」、「お知らせしたいこと」を書かせていただいています。皆様の何かのヒントになれば幸いです。

2019.9.2 税の歴史 (所得税)その3

2019.9.2 | カテゴリ:相続応援日記, その他

続きです。

社会の様々な変化に対応するために、各種制度が設けられました。

1920年の第1次世界大戦後には世界恐慌が起こり、

この時期に扶養控除・障碍者控除ができました。

 1923年の関東大震災の後は、生命保険料控除ができました。

このころは、生命保険料だけが対象で、個人年金や介護保険料は後から追加されました。

 1947年の第二次世界大戦後の税制改正において、

賦課課税制度に代わり、申告納税制度が導入されます。

 現在では、株式の譲渡や居住用不動産の取得・売却についての特例が増えてきており、

制度を知っていれば、多くの制度を利用することが出来ます。

記:資産家を応援する相続の専門家:税理士法人レガシィ 森田太郎 4159

(幸せなキャッシュフロープロジェクト)(もめない・もめさせない遺産相続プロジェクト)

  • 無料面談、無料メール相談
  • 知って得する相続豆知識 メールマガジン

アーカイブ

  • ※日本最大級とは創業以来の申告・有料コンサルティング合計件数のことを指します。

PAGE TOP