相続税申告件数は日本で最大級 50年を超える歴史 税理士法人レガシィ

天野隆の相続応援日記 INHERITANCE SUPPORT DIARY OF TAKAHASHI AMANO ここでは資産税専門の税理士法人レガシィの専門家が、「相続の仕事で感じたこと」、「ルール化されたこと」、「お知らせしたいこと」を書かせていただいています。皆様の何かのヒントになれば幸いです。

2019.8.30 税の歴史 (所得税)その2

2019.8.30 | カテゴリ:相続応援日記, その他

 世界で最初に所得税を導入したのは、イギリスでした。

当時(1798年)のイギリスは、フランスと戦争状態(ナポレオン戦争)にあり、

その軍事費用を調達するために創設されました。

 その後は世界に広まっていき、

スイス、オーストリア、アメリカで導入されました。

なお、日本はイギリスの導入からおよそ90年経過した、

1887年に所得税法が創設されました。

当時の所得税は、資産や営業などの所得金高が年間300円以上ある者が対象で、

納税者は所得の予算金高・種類を所得金高届に記し、

居住地の戸長を経て郡区長に届け出ました(賦課課税方式でした)。

このころは、国家の歳入のほとんどは地租と酒税で占められており、

1898年までは所得税の割合は歳入の2パーセント程度で推移していました。

記:資産家を応援する相続の専門家:税理士法人レガシィ 森田太郎 4158

(幸せなキャッシュフロープロジェクト)(もめない・もめさせない遺産相続プロジェクト)

  • 無料面談、無料メール相談
  • 知って得する相続豆知識 メールマガジン

アーカイブ

  • ※日本最大級とは創業以来の申告・有料コンサルティング合計件数のことを指します。

PAGE TOP