相続税申告件数は日本で最大級 50年を超える歴史 税理士法人レガシィ

天野隆の相続応援日記 INHERITANCE SUPPORT DIARY OF TAKAHASHI AMANO ここでは資産税専門の税理士法人レガシィの専門家が、「相続の仕事で感じたこと」、「ルール化されたこと」、「お知らせしたいこと」を書かせていただいています。皆様の何かのヒントになれば幸いです。

2019.7.22 税の歴史 その1

2019.7.22 | カテゴリ:相続応援日記, その他

今回は、日本の税金の歴史について書いていこうと思います。

今日は、飛鳥時代から江戸時代までです。

(税の始まり『租・庸・調』)

・飛鳥時代

大化の改新(645年)では、公地公民など新しい政治の方針が示されました。

701年に完成した大宝律令では、租・庸・調という税や労役をかける税のしくみができました。

(年貢の始まり)

・奈良から室町時代

奈良時代は墾田永年私財法(743年)が制定され、土地の私有化ができるようになりました。

平安時代から鎌倉時代は守護・地頭や荘園領主に対して、農民は年貢や公事(糸・布・炭・野菜などの手工業製品や採取物)、夫役(労働で納める税)などを納めました。

室町時代には、商工業者に対しても税が課せられ、街道に設けられた関所では関銭(通行税)などが税として課せられました。

(農作物で地租を払う時代)

・安土桃山・江戸時代

全国統一を行った豊臣秀吉は、土地を調査して太閤検地を行い、農地の面積だけでなく、農地の収穫高などを調べて年貢を納めさせるようにしました。

江戸時代には、田畑に課税される年貢の地租が中心で米などを納めたそうです。

※地租とは、土地に対して課せられる税金です。

記:資産家を応援する相続の専門家:税理士法人レガシィ 森田太郎 4130

(幸せなキャッシュフロープロジェクト)(もめない・もめさせない遺産相続プロジェクト)

  • 無料面談、無料メール相談
  • 知って得する相続豆知識 メールマガジン

アーカイブ

  • ※日本最大級とは創業以来の申告・有料コンサルティング合計件数のことを指します。

PAGE TOP