相続税申告件数は日本で最大級 50年を超える歴史 税理士法人レガシィ

天野隆の相続応援日記 INHERITANCE SUPPORT DIARY OF TAKAHASHI AMANO ここでは資産税専門の税理士法人レガシィの専門家が、「相続の仕事で感じたこと」、「ルール化されたこと」、「お知らせしたいこと」を書かせていただいています。皆様の何かのヒントになれば幸いです。

2005.6.30 相続財産は分かち合うか?もらうか?

2005.6.30 | カテゴリ:相続応援日記

「分かち合う」という言葉。「もらう」という言葉。相続財産には「分かちあう」が似合うようです。「そんな悠長なことを言っているからもめるんだ!」という意見もあります。確かに奪い合うという側面もあります。

ところで、あるお客様がお元気で遺言を書いた時のことを思い出します。精神的に厳しい人に経済的な財産を、成功している人には暖かい微笑を、独りよがりの方には頭を下げることを、それぞれ遺したいと言われました。遺された方の心境に立つと、私は「分かち合う」という言葉が遺産分割時には似合うと思います。

記:資産家を応援する相続・相続税の専門家:天野隆。410。(幸せなキャッシュフロープロジェクト)(もめない・もめさせない遺産相続プロジェクト)

相続準備の応援メールマガジン「知って得する相続豆知識」はこちららから:ホームページ「あなたの相続お悩み解決サイト」はこちらから

  • 無料面談、無料メール相談
  • 知って得する相続豆知識 メールマガジン

アーカイブ

  • ※日本最大級とは創業以来の申告・有料コンサルティング合計件数のことを指します。

PAGE TOP