相続税申告件数は日本で最大級 50年を超える歴史 税理士法人レガシィ

天野隆の相続応援日記 INHERITANCE SUPPORT DIARY OF TAKAHASHI AMANO ここでは資産税専門の税理士法人レガシィの専門家が、「相続の仕事で感じたこと」、「ルール化されたこと」、「お知らせしたいこと」を書かせていただいています。皆様の何かのヒントになれば幸いです。

  • HOME  > 
  • 相続応援日記  > 
  • 相続税調査からみられる申告漏れの状況と注意点。その3

2013.8.2 相続税調査からみられる申告漏れの状況と注意点。その3

2013.8.2 | カテゴリ:相続応援日記

f:id:amanotakashi:20130509090757j:image:w360:right先日の新聞等で、日本画家で文化勲章受章者の故平山郁夫氏の相続税につき、申告漏れが指摘されたことが報道されました。

国税庁の発表によれば、毎年、相続税調査件数の約8割に申告漏れが指摘され、その多くが現金・預貯金とされています。

現金は生前に蓄えられたもの、預貯金については他人(特に子や孫)の名義で貯蓄されていたものを相続財産として申告していなかった事例が多く見受けられるようです。

意図的な脱税はもってのほかですが、意外と多いのが「相続財産になるとは思わなかった」といったいわゆる誤認するケースです。

誤認であっても納めた相続税が過少であれば、脱税のような悪質なケースとは率は違えど、加算税というペナルティが後にかかってしまいます。

まさに知らなかったでは済まされません。

税理士法人レガシィでは、お客様の適正な申告を通して相続税などの税負担を最小限に抑えると共に、お客様の大切な「財産」や「思い」の承継をサポートいたします。


記:資産家を応援する相続・相続税の専門家:税理士法人レガシィ 三澤郁夫 2683

(幸せなキャッシュフロープロジェクト)(もめない・もめさせない遺産相続プロジェクト)

相続準備の応援メールマガジン「知って得する相続豆知識」はこちららから:ホームページ「あなたの相続お悩み解決サイト」はこちらから

相続のメール無料相談はこちらから

  • 無料面談、無料メール相談
  • 知って得する相続豆知識 メールマガジン

アーカイブ

  • ※日本最大級とは創業以来の申告・有料コンサルティング合計件数のことを指します。

PAGE TOP