相続税申告件数は日本で最大級 50年を超える歴史 税理士法人レガシィ

天野隆の相続応援日記 INHERITANCE SUPPORT DIARY OF TAKAHASHI AMANO ここでは資産税専門の税理士法人レガシィの専門家が、「相続の仕事で感じたこと」、「ルール化されたこと」、「お知らせしたいこと」を書かせていただいています。皆様の何かのヒントになれば幸いです。

  • HOME  > 
  • 相続応援日記  > 
  • 相続税申告書への被相続人の個人番号の記載について。その2

2016.10.28 相続税申告書への被相続人の個人番号の記載について。その2

2016.10.28 | カテゴリ:相続応援日記, その他

平成289月に国税庁から相続税申告書への被相続人の個人番号の記載に係る取扱いの変更についてが公表されました。

税務関係書類(申告書・申請書)のマイナンバーの記載が必要となる時期については、

1.所得税や贈与税については、平成28年分の申告書(平成291月以降に提出するもの(平成28年分の準確定申告については平成28年中に提出するもの))から

2.法人税については、平成2811日以降に開始する事業年度に係る申告書から

3.消費税については、平成2811日以降に開始する課税期間に係る申告書から

4.相続税については、平成2811日以降の相続又は遺贈に係る申告書から

5.酒税・間接諸税については、平成281月分の申告書から

6.法定調書については、平成281月以降の金銭等の支払等に係るものから

7.申請・届出書等は、平成281月以降に提出するものから

個人番号・法人番号の記載が必要となります。

なお、平成28年度の税制改正により、平成2911日以降は、申告等の主たる手続と併せて提出され、又は申告等の後に関連して提出されると考えられる書類(例えば相続税の延納申請書・物納申請書など)についてはマイナンバーの記載は不要となります。

記:資産家を応援する相続の専門家:税理士法人レガシィ 靏岡 直希。3468

(幸せなキャッシュフロープロジェクト)(もめない・もめさせない遺産相続プロジェクト)

 

  • 無料面談、無料メール相談
  • 知って得する相続豆知識 メールマガジン

アーカイブ

  • ※日本最大級とは創業以来の申告・有料コンサルティング合計件数のことを指します。

PAGE TOP