天野隆の相続応援日記 INHERITANCE SUPPORT DIARY OF TAKAHASHI AMANO ここでは資産税専門の税理士法人レガシィの専門家が、「相続の仕事で感じたこと」、「ルール化されたこと」、「お知らせしたいこと」を書かせていただいています。皆様の何かのヒントになれば幸いです。

2015.7.10 相続税申告書の新様式、発表。その1

2015.7.10 | カテゴリ:相続応援日記, 相続関連情報

平成27年分の相続税申告書の様式が発表されました。

基礎控除の改正、税率構造の改正、小規模宅地の評価減について限度面積の改正がメインとなります。

その中でも小規模宅地の評価減に関する様式が大きく変わりました。

平成26年分までは、最低3枚の様式が必要でした。

(1)11112表の付表1

 →特例の適用にあたっての同意

(2)11112表の付表21

 →課税価格に算入する価額、限度面積要件の判定

(3)11112表の付表22

 →課税価格の計算に当たって減額される金額の計算

平成27年分以降では、上記の3つの様式が「第11112表の付表1」の1つの様式に集約されました。

今までの様式では同じことを2度記載したり、様式をまたいで転記していたこを考えるとシンプルになりました。

記:資産家を応援する相続の専門家:税理士法人レガシィ 廣田勝彦 3155

(幸せなキャッシュフロープロジェクト)(もめない・もめさせない遺産相続プロジェクト)

 

  • 無料面談、無料メール相談
  • 知って得する相続豆知識 メールマガジン

アーカイブ

  • ※日本最大級とは創業以来の申告・有料コンサルティング合計件数のことを指します。

PAGE TOP