相続税申告 実績日本一 50年を超える歴史 税理士法人レガシィ

天野隆の相続応援日記 INHERITANCE SUPPORT DIARY OF TAKAHASHI AMANO ここでは資産税専門の税理士法人レガシィの専門家が、「相続の仕事で感じたこと」、「ルール化されたこと」、「お知らせしたいこと」を書かせていただいています。皆様の何かのヒントになれば幸いです。

2014.7.28 相続税法の受験と相続実務。その2

2014.7.28 | カテゴリ:相続応援日記, 相続関連情報

税理士試験における相続税法の学習と相続実務の大きな違いの一つは「資料収集」です。

税理士試験では人的に関する情報、財産・債務の内容は漏れなく与えられます。

相続実務では、相続人を特定するためには戸籍謄本を取り寄せなければなりませんし、不動産に関する資料も法務局や役所から取り寄せる必要があります。

また、確定申告をしたことのない方ですと、相続税申告にあたって、初めて税理士に依頼したという方もいらっしゃいます。

そのようなお客様にどのような資料が必要かを正確に伝える必要がありますし、もし該当する資料がない場合に代替できる資料を依頼する力も必要です。

つまり、税理士試験では当たり前のように与えられる資料をいかに迅速に揃えるかが相続実務を円滑に進めるポイントです。

 

記:資産家を応援する相続の専門家:税理士法人レガシィ 廣田勝彦 2922

(幸せなキャッシュフロープロジェクト)(もめない・もめさせない遺産相続プロジェクト)

  • 無料面談、無料メール相談
  • 知って得する相続豆知識 メールマガジン

アーカイブ

PAGE TOP