天野隆の相続応援日記 INHERITANCE SUPPORT DIARY OF TAKAHASHI AMANO ここでは資産税専門の税理士法人レガシィの専門家が、「相続の仕事で感じたこと」、「ルール化されたこと」、「お知らせしたいこと」を書かせていただいています。皆様の何かのヒントになれば幸いです。

2006.6.29 相続税の脱税の記事とコメントその1

2006.6.29 | カテゴリ:相続応援日記

相続税の脱税の記事から学べることを何でしょうか?

日刊スポーツの2006年3月3日の記事によれば

「遺産24億円脱税のタクシー会社会長逮捕。大阪府守口市の大手タクシー会社を中核とする「トモエグループ」を創業した実父の遺産の一部を隠し、相続税約24億8000万円を脱税したとして、大阪地検特捜部は3日、相続税法違反容疑で同グループ会長西井良夫容疑者(61)を逮捕、大阪国税局と合同で自宅や同グループの本社など計8カ所を家宅捜索した。相続税の脱税額としては過去最大。調べでは、西井容疑者は02年4月に死去した実父の故理一氏から不動産や預金、有価証券などを相続したが、生前の理一氏が病気療養中だった01年から02年にかけて、理一氏名義の預金などを海外の金融機関に開設した複数の口座に送金して隠匿。親族3人で相続した課税対象となる遺産の一部を隠し、約24億8000万円を脱税した疑い。西井容疑者は海外に送金したことを認めた上で「父から指示されてやった」などと話し、容疑を否認しているという。隠した預金はシンガポールの金融機関を経由してスイスの銀行口座に蓄えられていたとみられ、特捜部と国税局は使途の解明を進める。同グループのホームページや民間信用調査会社などによると、グループは理一氏が40年に創業。西井容疑者は理一氏の長男で、別のタクシー会社勤務を経て70年にグループの中核会社「巴タクシー」(当時)に入社。理一氏が死去し社長を務めた後、グループ会長に就任した。「トモエタクシー」「トモエ交通」「スリーファイブ」などの名称に分かれているが、グループ全体でタクシー約380台保有。不動産業、ゴルフ練習場なども運営し、グループ全体の年商は約50億円。」

地検が動き逮捕したと言うことは、その前に調査が入りかなり厳しく調べたことが分ります。通常マルサと呼ばれる人たちが動いたと思われます。24億円の相続税を脱税した疑いと言うことは、隠した財産は倍以上と思われます。なぜ分ったのでしょうか?推測ですが、収入の割には預貯金が少なかったからではないでしょうか?さらに税歴を見て、隠しそうな方かどうかも考えたと思われます。

記:資産家を応援する相続・相続税の専門家:天野隆。765。

(幸せなキャッシュフロープロジェクト)(もめない・もめさせない遺産相続プロジェクト)

相続準備の応援メールマガジン「知って得する相続豆知識」はこちららから:ホームページ「あなたの相続お悩み解決サイト」はこちらから

相続のメール無料相談はこちらから

  • 無料面談、無料メール相談
  • 知って得する相続豆知識 メールマガジン

アーカイブ

  • ※日本最大級とは創業以来の申告・有料コンサルティング合計件数のことを指します。

PAGE TOP