天野隆の相続応援日記 INHERITANCE SUPPORT DIARY OF TAKAHASHI AMANO ここでは資産税専門の税理士法人レガシィの専門家が、「相続の仕事で感じたこと」、「ルール化されたこと」、「お知らせしたいこと」を書かせていただいています。皆様の何かのヒントになれば幸いです。

2020.2.17 相続税の申告状況。その3

2020.2.17 | カテゴリ:相続応援日記, 相続関連情報

国税庁より平成30年分の相続税の申告状況について発表がありました。

対象は、平成30年1月1日から平成30年12月31日の間に亡くなられた方です。

平成30年の相続財産の金額の構成比は次のようになっています(カッコ内は前年)。

土地     35.1%(36.5%)

家屋      5.3%( 5.4%)

有価証券  16.0%(15.2%)

現預金等  32.3%(31.7%)

その他    11.3%(11.2%)

不動産の占める割合が減少し、有価証券と現預金の割合が増加しています。

その割合が増加している有価証券と現預金を金額ベースで見てみると(カッコ内は前年)

 有価証券  27,733億円(25,404億円)

 現預金等  55,890億円(52,836億円)

となっており、額の増加も目に留まります。

なお、相続財産の合計金額は平成30年で173,179億円、前年の166,928億円を上回りました。

今回の発表にもみられるように、相続税は今後ますます身近な税金となっていきそうですので、事前の対策をご検討される方もさらに増えるでしょう。

特に有価証券や現預金などの金融資産は、税務調査で何かと指摘を受けやすい財産でもあります。

生前からの税務調査対策なども検討し、お気になる点などございましたら、税理士法人レガシィにご相談ください。

記:資産家を応援する相続の専門家:税理士法人レガシィ 三澤郁夫 4267

(幸せなキャッシュフロープロジェクト)(もめない・もめさせない遺産相続プロジェクト)

 

  • 無料面談、無料メール相談
  • 知って得する相続豆知識 メールマガジン

アーカイブ

  • ※日本最大級とは創業以来の申告・有料コンサルティング合計件数のことを指します。

PAGE TOP