相続税申告件数は日本で最大級50年以上の実績 税理士法人レガシィ

天野隆の相続応援日記 INHERITANCE SUPPORT DIARY OF TAKAHASHI AMANO ここでは資産税専門の税理士法人レガシィの専門家が、「相続の仕事で感じたこと」、「ルール化されたこと」、「お知らせしたいこと」を書かせていただいています。皆様の何かのヒントになれば幸いです。

2020.2.14 相続税の申告状況。その2

2020.2.14 | カテゴリ:相続応援日記, 相続関連情報

国税庁より平成29年分の相続税の申告状況について発表がありました。

対象は、平成30年1月1日から平成30年12月31日の間に亡くなられた方です。

平成30年の課税価格合計は16兆2,360億円で、前年の15兆5,884億円を上回っています。

被相続人1人当たりでは1億3,956万円(前年は1億3,952万円)と、ほぼ同額となっています。

また、税額は平成30年で2兆1,087億円、前年の2兆185億円を4%ほど上回り、被相続人1人当たりで1,813万円(前年は1,807万円)と同じく増加しました。

1人当たりの課税価格があまり変わらないのに1人当たりの納税額が増加する可能性はいくつか考えられますが、一次相続において二次相続を意識した分割が検討され、配偶者ではなくお子様が財産を取得する割合が増えたこと、二次相続の割合が増えたこと、などの影響があるかもしれません。

記:資産家を応援する相続の専門家:税理士法人レガシィ 三澤郁夫 4266

(幸せなキャッシュフロープロジェクト)(もめない・もめさせない遺産相続プロジェクト)

 

  • 無料面談、無料メール相談
  • 知って得する相続豆知識 メールマガジン

アーカイブ

  • ※日本最大級とは創業以来の申告・有料コンサルティング合計件数のことを指します。

PAGE TOP