天野隆の相続応援日記 INHERITANCE SUPPORT DIARY OF TAKAHASHI AMANO ここでは資産税専門の税理士法人レガシィの専門家が、「相続の仕事で感じたこと」、「ルール化されたこと」、「お知らせしたいこと」を書かせていただいています。皆様の何かのヒントになれば幸いです。

  • HOME  > 
  • 相続応援日記  > 
  • 相続税の申告・納付期限に係る個別指定による期限延長手続について その1

2020.5.14 相続税の申告・納付期限に係る個別指定による期限延長手続について その1

2020.5.14 | カテゴリ:相続応援日記, 相続関連情報

新型コロナウイルスの感染が拡大しておりますが、このような状況ですと、これから相続税の申告期限を迎える相続人等の中には、期限までに申告等が困難な方々もいらっしゃるのではないでしょうか。

そのため、新型コロナウイルス感染症の影響により、相続人等が期限までに申告・納付ができないやむを得ない理由がある場合には、個別に申請していただくことにより期限の個別延長が認められることとなりました。

このやむを得ない理由については、新型コロナウイルス感染症に感染した場合はもちろんのこと、新型コロナウイルス感染症の影響によって相続人等が次のような状況となっていることにより、申告をすることが困難なケースなどが該当することになります。

(例)・体調不良により外出を控えている場合

    ・平日の在宅勤務を要請している自治体にお住まいの場合

    ・感染拡大により外出を控えている場合

 また、上記のような理由以外であっても、感染症の影響を受けて申告・納付期限までに申告・納付が困難な場合には、個別に申告・納付期限の延長が認められます。

なお、個別の申請により申告期限等が延長されるのは申請を行った方のみとなり、他の相続人等の申告期限等は延長されませんので注意が必要です。

記:資産家を応援する相続の専門家:税理士法人レガシィ 佐々木 進吾 4325

(幸せなキャッシュフロープロジェクト)(もめない・もめさせない遺産相続プロジェクト)

 

  • 無料面談、無料メール相談
  • 知って得する相続豆知識 メールマガジン

アーカイブ

  • ※日本最大級とは創業以来の申告・有料コンサルティング合計件数のことを指します。

PAGE TOP