天野隆の相続応援日記 INHERITANCE SUPPORT DIARY OF TAKAHASHI AMANO ここでは資産税専門の税理士法人レガシィの専門家が、「相続の仕事で感じたこと」、「ルール化されたこと」、「お知らせしたいこと」を書かせていただいています。皆様の何かのヒントになれば幸いです。

2010.11.1 相続税の現状。その3

2010.11.1 | カテゴリ:相続応援日記

相続税の負担割合、つまり課税価格に対する納付税額も低下していると指摘しています。

課税価格が2億円、相続人が配偶者と子2人とした場合の負担割合は次のように推移しています。

昭和62年 14.2%(納付税額 2,840万円)

平成元年 9.0%(納付税額 1,800万円)

平成5年 6.3%(納付税額 1,260万円)

平成10年 5.6%(納付税額 1,120万円)

平成20年 4.8%(納付税額 960万円)

つまり、過去最高であった昭和62年以降低下し、3分の1の水準となっています。

これらの状況から相続税の増税が検討されることが平成22年度税制改正大綱にも盛り込まれています。


記:資産家を応援する相続・相続税の専門家:税理士法人レガシィ 廣田勝彦 2008

(幸せなキャッシュフロープロジェクト)(もめない・もめさせない遺産相続プロジェクト)

相続準備の応援メールマガジン「知って得する相続相豆知識」はこちららから:ホームページ「あなたの相続お悩み解決サイト」はこちらから

相続のメール無料相談はこちらから

  • 無料面談、無料メール相談
  • 知って得する相続豆知識 メールマガジン

アーカイブ

  • ※日本最大級とは創業以来の申告・有料コンサルティング合計件数のことを指します。

PAGE TOP