相続税申告件数は日本で最大級 50年を超える歴史 税理士法人レガシィ

天野隆の相続応援日記 INHERITANCE SUPPORT DIARY OF TAKAHASHI AMANO ここでは資産税専門の税理士法人レガシィの専門家が、「相続の仕事で感じたこと」、「ルール化されたこと」、「お知らせしたいこと」を書かせていただいています。皆様の何かのヒントになれば幸いです。

2018.9.5 相続最新の話題と影響 その3

2018.9.5 | カテゴリ:相続応援日記, 代表・天野隆のブログ

2019年度税制改正が2018年12月に大綱発表となる予定です。

報道でいくつか出てきましたのでその内容と影響を書かせていただきます。

相続法(民法)改正が行われ、ここに税法が絡んできます。

詳しくは下記のページを参照ください。

https://www.legacy-cloud.net/special_topics/52

この法改正の影響ですが、相続の現場勘で見ると、同居長男の希望により

遺留分を侵す遺言が増えるかも知れないと思えます。

「遺留分の減殺請求」が無くなり「遺留分侵害額の請求」に変わりました。

これは共有物の分割・財産処分というプロセスを経ずに、お金で払えば済むというものになります。さらに婚姻期間20年以上の夫婦間の居住用不動産の贈与・遺贈が特別受益を受けた者の相続分の調整規定を適用しないことが変わります。母への居住用不動産の贈与・遺贈で他の相続人の遺留分が下がることが考えられます。

9月10日の税理士法人レガシィ主催のセミナーでもこの辺りは触れます。

https://legacy.ne.jp/seminar/index/

さて相続法の改正により相続税法の改正も予定されているそうです。今年の12月は注目です。

記:資産家を応援する相続の専門家:天野隆。3922

(幸せなキャッシュフロープロジェクト)(もめない・もめさせない遺産相続プロジェクト)

  • 無料面談、無料メール相談
  • 知って得する相続豆知識 メールマガジン

アーカイブ

  • ※日本最大級とは創業以来の申告・有料コンサルティング合計件数のことを指します。

PAGE TOP