相続税申告件数は日本で最大級 50年を超える歴史 税理士法人レガシィ

天野隆の相続応援日記 INHERITANCE SUPPORT DIARY OF TAKAHASHI AMANO ここでは資産税専門の税理士法人レガシィの専門家が、「相続の仕事で感じたこと」、「ルール化されたこと」、「お知らせしたいこと」を書かせていただいています。皆様の何かのヒントになれば幸いです。

2017.4.11 相続手続きが簡素化される新しい制度とは?その2

2017.4.11 | カテゴリ:相続応援日記, 相続関連情報

  法務省は先月28日、法定相続情報証明制度を5月下旬から開始すると発表しました。

実際の手続きの流れは次のようなものとなります。

1.法定相続人又は代理人が法務局へ申出

戸籍関係一式を取りそろえ、相続関係図(法定相続情報一覧図)を作成し、申し出ます。

(この相続関係図が最終的には「法定相続情報」となります)

2.法務局で確認・交付

法務局の登記官が上記1で提出された書類を確認し、法定相続情報一覧図を保管します。

その後、認証文付きの法定相続情報一覧図の写しを交付し、戸籍関係書類が返却されます。

なお、法定相続情報一覧図の写しの交付手数料はかかりません。

3.名義変更手続きで利用

不動産の名義変更登記や、金融機関・保険会社などの手続きに利用します。

なお利用の際、放棄や遺産分割協議書は別途必要となります。

上記2にもあるように、交付手数料がかからないのも魅力ですね。

記:資産家を応援する相続の専門家:税理士法人レガシィ 三澤郁夫 3579

(幸せなキャッシュフロープロジェクト)(もめない・もめさせない遺産相続プロジェクト)

  • 無料面談、無料メール相談
  • 知って得する相続豆知識 メールマガジン

アーカイブ

  • ※日本最大級とは創業以来の申告・有料コンサルティング合計件数のことを指します。

PAGE TOP