天野隆の相続応援日記 INHERITANCE SUPPORT DIARY OF TAKAHASHI AMANO ここでは資産税専門の税理士法人レガシィの専門家が、「相続の仕事で感じたこと」、「ルール化されたこと」、「お知らせしたいこと」を書かせていただいています。皆様の何かのヒントになれば幸いです。

2007.3.12 相続後の不動産の処分。その2

2007.3.12 | カテゴリ:相続応援日記

相続税の専門家は、相続税の申告書を提出して仕事は、一段落します。

ところが、お客様側に立ちますとまだ相続は終了していません。

その結果私共の仕事も発生します。


相続税を納めるための不動産の売却があるからです。

特例を受けるための要件

  イ 相続や遺贈により土地や建物を取得した者であること。

  ロ その土地や建物に相続税が課税されていること。

  ハ その土地や建物を、相続開始のあった日の翌日から相続税の申告期限の翌日以後3年を経過する日までに譲渡していること。


次に売り方があります。

この期限があると足元を見られルことが多いのです。

そこで足元をみられない売り方が重要となります。


記:資産家を応援する相続・相続税の専門家:天野隆。1019。

(幸せなキャッシュフロープロジェクト)(もめない・もめさせない遺産相続プロジェクト)

相続準備の応援メールマガジン「知って得する相続相豆知識」はこちららから:ホームページ「あなたの相続お悩み解決サイト」はこちらから

相続のメール無料相談はこちらから

  • 無料面談、無料メール相談
  • 知って得する相続豆知識 メールマガジン

アーカイブ

  • ※日本最大級とは創業以来の申告・有料コンサルティング合計件数のことを指します。

PAGE TOP