天野隆の相続応援日記 INHERITANCE SUPPORT DIARY OF TAKAHASHI AMANO ここでは資産税専門の税理士法人レガシィの専門家が、「相続の仕事で感じたこと」、「ルール化されたこと」、「お知らせしたいこと」を書かせていただいています。皆様の何かのヒントになれば幸いです。

2016.6.24 相続対策を親に協力してもらうには。その4

2016.6.24 | カテゴリ:相続応援日記, 相続関連情報

子供が親に相続対策してもらいたいと思っても、親としてはなかなか踏み切れません。税理士法人レガシィのA先輩税理士とB後輩が先日オフィスでまさにこの話をしていましたのでご紹介したいと思います。

(その3から続き)

B後輩「先輩、この間は奢って頂きごちそうさまでした」

A先輩「君があんなに飲むとはなぁ。。給料日前なのに。。悔しいから今この場で前回までのあらすじ総括して!お忙しい読者の方々にも復習できるように手短に!」

B後輩「先輩、あんまりそういうことは言わない方がいいですよ。ケチだと思われますよ(笑)。でも先輩のおかげで気も晴れましたし、お忙しい読者の方々のためにも総括させて頂きます。相続の事前対策について、子供は乗り気でも親としては自らの死について考えることになるので乗り気にならない、では親御さまから事前対策を積極的にすすめてもらうにはどうすればいいのか?キーポイントとしては日頃からの親孝行、具体的には『ひとり帰省』と『聞き上手』ってことでしたね」

A先輩「うん、その通り。B君もたまにはひとりで実家に帰って親御さんの話をじっくり聞いて親孝行しないとだめだよ!」

B後輩「はい、わかりました。先輩、他にも何かありますか?つまりお子さんがどのような行動をしていると親御さん自ら相続の事前対策について相談に来られるのでしょうか」

A先輩「そういえばこういうケースもあったよ。そのお客様は東京のお生まれなんだけど、お父様とお母様はともに地方のお生まれ。学校も一緒だったが、取り立てて話をしたことはあまりなく顔と名前を知るだけの仲だったらしい。就職のためそれぞれ別々の町で一人暮らしを始めて連絡を取ることもなかったが、あるとき長野のスキー場でばったり出会ったんだ。あ、電話だ!B君、わるい、また今度!」

(その5へ続く)

記:資産家を応援する相続の専門家:税理士法人レガシィ 天野大輔 3386

(幸せなキャッシュフロープロジェクト)(もめない・もめさせない遺産相続プロジェクト)

 

  • 無料面談、無料メール相談
  • 知って得する相続豆知識 メールマガジン

アーカイブ

  • ※日本最大級とは創業以来の申告・有料コンサルティング合計件数のことを指します。

PAGE TOP