天野隆の相続応援日記 INHERITANCE SUPPORT DIARY OF TAKAHASHI AMANO ここでは資産税専門の税理士法人レガシィの専門家が、「相続の仕事で感じたこと」、「ルール化されたこと」、「お知らせしたいこと」を書かせていただいています。皆様の何かのヒントになれば幸いです。

2004.11.17 相続の方針設計会議をする時があります

2004.11.17 | カテゴリ:相続応援日記

相続の遺産分割で難しい点は、時価と評価の違いです。

1.法律は時価です。相続税の計算は税務評価です。税務上は評価が高いものでも時価は低いものがあります。山林や調整区域の土地です。

2.評価は同じでもキャッシュフローを稼ぐものと稼げないものがあります。駐車場は稼げます。借金付きのアパートは稼げません。貸地も稼げません。

そこで最初の段階である程度土地のたな卸をし、相続の方針設計会議をする時があります。売れるもの、時価と評価が離れているもの、借地人の状況によって違う貸地、物納可能かどうかの判定等を検討します。

分割のコツはこちらからhttp://www.fpstation.co.jp/souzoku/souzoku-now/1_36.html

  • 無料面談、無料メール相談
  • 知って得する相続豆知識 メールマガジン

アーカイブ

  • ※日本最大級とは創業以来の申告・有料コンサルティング合計件数のことを指します。

PAGE TOP