天野隆の相続応援日記 INHERITANCE SUPPORT DIARY OF TAKAHASHI AMANO ここでは資産税専門の税理士法人レガシィの専門家が、「相続の仕事で感じたこと」、「ルール化されたこと」、「お知らせしたいこと」を書かせていただいています。皆様の何かのヒントになれば幸いです。

2005.7.27 相続で話題になっている会社帰属の著作権

2005.7.27 | カテゴリ:相続応援日記

中尊寺ゆつこさん遺産をめぐり夫と母が対立しています。その元が著作権管理会社です。これは、漫画家、作家、作詞家、作曲家、等がご自分の著作権を会社帰属にする場合、設立される会社です。2種類あります。一つは完全に著作権を会社のものにする場合です。これを著作権所有会社と呼びます。もう一つは管理だけ委託し、著作権は個人に残して置く場合です。これを著作権管理会社と呼びます。著作権収入は前者は多く、後者は著作権収入の5%とか10%となるでしょう。どちらが有利か?はケースバイケースです。もちろん所得税・法人税だけでなく、相続税も含めてどちらが有利か?を検討して決められているようです。


記:資産家を応援する相続・相続税の専門家:天野隆。437。(幸せなキャッシュフロープロジェクト)(もめない・もめさせない遺産相続プロジェクト)

相続準備の応援メールマガジン「知って得する相続豆知識」はこちららから:ホームページ「あなたの相続お悩み解決サイト」はこちらから

  • 無料面談、無料メール相談
  • 知って得する相続豆知識 メールマガジン

アーカイブ

  • ※日本最大級とは創業以来の申告・有料コンサルティング合計件数のことを指します。

PAGE TOP