相続税申告件数は日本で最大級 50年を超える歴史 税理士法人レガシィ

天野隆の相続応援日記 INHERITANCE SUPPORT DIARY OF TAKAHASHI AMANO ここでは資産税専門の税理士法人レガシィの専門家が、「相続の仕事で感じたこと」、「ルール化されたこと」、「お知らせしたいこと」を書かせていただいています。皆様の何かのヒントになれば幸いです。

  • HOME  > 
  • 相続応援日記  > 
  • 相続した非上場株を発行法人に譲渡した場合。その1

2012.7.17 相続した非上場株を発行法人に譲渡した場合。その1

2012.7.17 | カテゴリ:相続応援日記

相続した非上場株を発行法人に譲渡した場合の課税について、東京国税局より文書回答事例が発表されています。

原則的な取り扱いは、非上場株を発行法人に譲渡した場合には、譲渡対価のうち資本金等の額を超えるは「みなし配当」となります。

したがって、非上場株を買い取ってもらった個人は配当所得として総合課税(最高税率50%)されます。

一方、相続した非上場株を相続税の申告期限から3年以内に発行法人へ譲渡した場合には、譲渡対価が資本金等の額を超えたとしても配当とはみなされず、分離譲渡課税(20%)となります。

さらに、相続税が発生している場合で、相続税の申告期限から3年以内に譲渡した場合には、支払った相続税を取得費に加算する特例も使えます。

以上が法令にある取り扱いです。


記:資産家を応援する相続・相続税の専門家:税理士法人レガシィ 廣田勝彦 2426

(幸せなキャッシュフロープロジェクト)(もめない・もめさせない遺産相続プロジェクト)

相続準備の応援メールマガジン「知って得する相続豆知識」はこちららから:ホームページ「あなたの相続お悩み解決サイト」はこちらから

相続のメール無料相談はこちらから

  • 無料面談、無料メール相談
  • 知って得する相続豆知識 メールマガジン

アーカイブ

  • ※日本最大級とは創業以来の申告・有料コンサルティング合計件数のことを指します。

PAGE TOP