相続税申告件数は日本で最大級 50年を超える歴史 税理士法人レガシィ

天野隆の相続応援日記 INHERITANCE SUPPORT DIARY OF TAKAHASHI AMANO ここでは資産税専門の税理士法人レガシィの専門家が、「相続の仕事で感じたこと」、「ルール化されたこと」、「お知らせしたいこと」を書かせていただいています。皆様の何かのヒントになれば幸いです。

  • HOME  > 
  • 相続応援日記  > 
  • 直系尊属から住宅取得等資金の贈与を受けた場合の非課税措置の延長・拡充。その2

2015.3.16 直系尊属から住宅取得等資金の贈与を受けた場合の非課税措置の延長・拡充。その2

2015.3.16 | カテゴリ:相続応援日記, 税制改正

直系尊属から住宅取得等資金の贈与を受けた場合の非課税措置の延長・拡充。その2

直系尊属から住宅取得等資金の贈与を受けた場合の非課税措置が平成31630日まで延長されます。

平成21年度に創設されたこの非課税措置は、高齢者の方が保有する金融資産を活用し、若年層の住宅取得を促進することによって経済的波及効果の大きい住宅需要を刺激し経済の活性化を図ることを目的として創設されました。

しかし、平成264月の消費税率8%へ引き上げの際、住宅の請負契約を平成259月末までに締結した場合には引渡しが平成264月を過ぎても旧税率(5)が適用されたため、平成259月末に住宅の駆け込み需要があり、その後、住宅市場にその反動の影響が出て住宅需要が落ち込みました。

平成294月にはさらに消費税率10%への引き上げが予定されていることから、住宅市場に与える影響を考慮して今回は非課税枠を拡充した上で経過措置が延長されることとされています。

記:資産家を応援する相続の専門家:税理士法人レガシィ 靏岡 直希。3075

(幸せなキャッシュフロープロジェクト)(もめない・もめさせない遺産相続プロジェクト)

 

  • 無料面談、無料メール相談
  • 知って得する相続豆知識 メールマガジン

アーカイブ

  • ※日本最大級とは創業以来の申告・有料コンサルティング合計件数のことを指します。

PAGE TOP