相続税申告件数は日本で最大級 50年を超える歴史 税理士法人レガシィ

天野隆の相続応援日記 INHERITANCE SUPPORT DIARY OF TAKAHASHI AMANO ここでは資産税専門の税理士法人レガシィの専門家が、「相続の仕事で感じたこと」、「ルール化されたこと」、「お知らせしたいこと」を書かせていただいています。皆様の何かのヒントになれば幸いです。

2013.10.30 生産性向上設備投資促進税制の創設。その3

2013.10.30 | カテゴリ:相続応援日記

f:id:amanotakashi:20130802174317j:image:w360:left政府は今月10日、「民間投資活性化等のための税制改正大綱」を発表しました。

そのうちの一つに生産性向上設備投資促進税制の創設があります。

この税制の対象となる生産性向上設備等とは、「先端設備」と「生産ラインやオペレーションの刷新・改善」の2項目があります。

 第一に、先端設備とは、旧モデルと比べて年平均1%以上生産性を向上させる最新モデルをいいます。 

対象は、機械・装置(限定なし)、器具・備品(試験・測定機器、冷凍器付陳列ケース、サーバー(中小企業のみ)など)、建物関連(ボイラー、LED照明、断熱材・断熱窓など)、稼働状況等の情報を収集・分析・指示するソフトウェア(中小企業のみ)、工具(ロール)です。

確認方法は、各設備を担当する工業会等が、メーカーから申請を受けて確認します。

 第二に、生産ラインやオペレーションの刷新・改善とは、事業者が通常作成する設備投資計画上の投資収益率が15%以上(中小企業は5%以上)のものをいいます。

対象は、機械・装置、工具、器具備品、ソフトウェア、建物、建物附属設備及び構築物です。

確認方法は、申請者が作成する簡素な設備投資計画を、会計士又は税理士がチェックし、経産局が確認します。


記:資産家を応援する相続・相続税の専門家:税理士法人レガシィ 風岡範哉。2740

(幸せなキャッシュフロープロジェクト)(もめない・もめさせない遺産相続プロジェクト)

相続準備の応援メールマガジン「知って得する相続豆知識」はこちららから:ホームページ「あなたの相続お悩み解決サイト」はこちらから

相続のメール無料相談はこちらから

  • 無料面談、無料メール相談
  • 知って得する相続豆知識 メールマガジン

アーカイブ

  • ※日本最大級とは創業以来の申告・有料コンサルティング合計件数のことを指します。

PAGE TOP