天野隆の相続応援日記 INHERITANCE SUPPORT DIARY OF TAKAHASHI AMANO ここでは資産税専門の税理士法人レガシィの専門家が、「相続の仕事で感じたこと」、「ルール化されたこと」、「お知らせしたいこと」を書かせていただいています。皆様の何かのヒントになれば幸いです。

  • HOME  > 
  • 相続応援日記  > 
  • 生命保険を使った相続対策はあるのでしょうか?その3

2005.8.11 生命保険を使った相続対策はあるのでしょうか?その3

2005.8.11 | カテゴリ:相続応援日記

生命保険とは何でしょうか?「今年1年でご自分が亡くなるかどうかを対象にしたギャンブルです。」

ではどんなギャンブルでしょうか?

馬券購入料(生命保険料)は年に116,100円。

当たると配当(死亡保険金)は15,000,000円。(50歳契約で10年定期保険)当たる確率(死亡率)は0.59%(50歳代の男性4.7/1000と7.1/1000の平均です。)。

15,000,000×死亡率0.59%=88,500円と116,100円の差額が保険会社の儲けです。そこから彼らの給料も払われ、さらに利益が駅前にあるビルにもなっています。

50歳代前半0.47%

50歳代後半0.71%

60歳代前半1.04%

60歳代後半1.67%

これがこのギャンブルの当たる確率(得する確率)です。

損する確率は99.53%から98.33%です。

「年に116,100円のギャンブルをされますか?」とお聞きしましたら

答えは「NO」でした。

記:資産家を応援する相続・相続税の専門家:天野隆。452。(幸せなキャッシュフロープロジェクト)(もめない・もめさせない遺産相続プロジェクト)

相続準備の応援メールマガジン「知って得する相続豆知識」はこちららから:ホームページ「あなたの相続お悩み解決サイト」はこちらから

  • 無料面談、無料メール相談
  • 知って得する相続豆知識 メールマガジン

アーカイブ

  • ※日本最大級とは創業以来の申告・有料コンサルティング合計件数のことを指します。

PAGE TOP