天野隆の相続応援日記 INHERITANCE SUPPORT DIARY OF TAKAHASHI AMANO ここでは資産税専門の税理士法人レガシィの専門家が、「相続の仕事で感じたこと」、「ルール化されたこと」、「お知らせしたいこと」を書かせていただいています。皆様の何かのヒントになれば幸いです。

2004.7.23 物納申請した物件に買い手が現われた

2004.7.23 | カテゴリ:相続応援日記

相続税の納め方で現金預金がなく、延納も厳しい場合に、物納申請をします。

その物納物件に買い手が現われました。物納をやめて売却することは出来ます。

そこで、物納が有利か?売却が有利か?その打ち合わせをさせていただきました。

相続のお客様に数字を使って次のことを説明しました。

■売却には不動産仲介料と譲渡所得税と利子税がかかります。

譲渡所得税の計算は相続税を取得費として認めてくれるのですが残念ながらかかる場合があります。

利子税は物納を予定していましたので今まで利子はかかりませんでしたが売却となりますとかかるわけです。

■物納には物納援助業者手数料がかかります。

物納には納めるための補完事項というのがあります。それを援助してくれるのが物納援助業者です。こちらには譲渡所得税はかかりません。さらに利子税もかかりません。

■共通することは?

測量費用はいづれもかかります。

産業廃棄物が出てきた時には何れもこちらの負担になります。

http://www.fpstation.co.jp/souzoku/souzoku-now/1_40.html

  • 無料面談、無料メール相談
  • 知って得する相続豆知識 メールマガジン

アーカイブ

  • ※日本最大級とは創業以来の申告・有料コンサルティング合計件数のことを指します。

PAGE TOP