天野隆の相続応援日記 INHERITANCE SUPPORT DIARY OF TAKAHASHI AMANO ここでは資産税専門の税理士法人レガシィの専門家が、「相続の仕事で感じたこと」、「ルール化されたこと」、「お知らせしたいこと」を書かせていただいています。皆様の何かのヒントになれば幸いです。

2011.4.21 災害に関する税務上の取扱いについて その5

2011.4.21 | カテゴリ:相続応援日記

法人が、取引先に対して低利又は無利息による融資を行った場合の法人税法の原則的な考え方は、法人が通常受取るべき利息を収受していないときは、その受取るべき利息と実際受取っている利息との差額は寄附金に該当(一部課税)するのですが、災害を受けた取引先の復旧支援を目的としている場合の利息の差額については寄附金に該当せず、課税の対象外とされます。

個人事業者が、従業員等が被災したことにより多額の生活資金を必要とする場合に、生活資金に充てるために低利又は無利息で貸付を行ったときは、利息相当の経済的利益については、原則として課税しないこととされています。


記:資産家を応援する相続・相続税の専門家:税理士法人レガシィ 杉澤桜 2124

(幸せなキャッシュフロープロジェクト)(もめない・もめさせない遺産相続プロジェクト)

相続準備の応援メールマガジン「知って得する相続相豆知識」はこちららから:ホームページ「あなたの相続お悩み解決サイト」はこちらから

相続のメール無料相談はこちらから

  • 無料面談、無料メール相談
  • 知って得する相続豆知識 メールマガジン

アーカイブ

  • ※日本最大級とは創業以来の申告・有料コンサルティング合計件数のことを指します。

PAGE TOP