相続税申告件数は日本で最大級 50年を超える歴史 税理士法人レガシィ

天野隆の相続応援日記 INHERITANCE SUPPORT DIARY OF TAKAHASHI AMANO ここでは資産税専門の税理士法人レガシィの専門家が、「相続の仕事で感じたこと」、「ルール化されたこと」、「お知らせしたいこと」を書かせていただいています。皆様の何かのヒントになれば幸いです。

2018.11.8 消費税率等に関する経過措置。その1

2018.11.8 | カテゴリ:相続応援日記, 税制改正

来年(2019年)10月1日より、消費税及び地方消費税の税率が8%から10%へ引き上げられるのを前に、国税庁から消費税率等の経過措置に関する資料が出されました。

2019年10月1日から、軽減税率対象である一定の飲食料品を除き、消費税率は10%となりますが、2019年9月30日までの間に行われた取引の一部については旧税率の8%でよいという経過措置が適用されます。

金額の影響が大きなものに、「請負工事等」の規程があります。

2013年(平成25年)10月1日から2019年3月31日までの間に締結した工事や製造に係る請負契約に基づいて、2019年10月1日以降に引渡し等が行われるものは、旧税率である8%でよいとされています。

なお、仮に2019年9月30日に契約をし、工事着手が10月1日以降となってもこの経過措置は適用されます。

これまで過去に消費税率が変わるたび、この経過措置は登場していましたので、しばらくはアパート建築など駆け込み需要が見込まれますが、税率改正後の取引の冷え込みが懸念されます。

記:資産家を応援する相続の専門家:税理士法人レガシィ 三澤郁夫 3965

(幸せなキャッシュフロープロジェクト)(もめない・もめさせない遺産相続プロジェクト)

 

  • 無料面談、無料メール相談
  • 知って得する相続豆知識 メールマガジン

アーカイブ

  • ※日本最大級とは創業以来の申告・有料コンサルティング合計件数のことを指します。

PAGE TOP