相続税申告件数は日本で最大級 50年を超える歴史 税理士法人レガシィ

天野隆の相続応援日記 INHERITANCE SUPPORT DIARY OF TAKAHASHI AMANO ここでは資産税専門の税理士法人レガシィの専門家が、「相続の仕事で感じたこと」、「ルール化されたこと」、「お知らせしたいこと」を書かせていただいています。皆様の何かのヒントになれば幸いです。

2016.7.1 消費税の軽減税率。その12

2016.7.1 | カテゴリ:相続応援日記, 税制改正

去る4月に、国税庁消費税軽減税率制度対応室より「消費税の軽減税率制度に関するQ&A」が公表されていましたので、その内容の一部をご紹介したいと思います。

「飲食料品」は8%の軽減税率の対象となりますが、「飲食料品」の中でも「酒類」は軽減税率8%の対象となりません。

例えば、惣菜とビールを単品で販売する以外に、これらをセットで購入すれば一括値引きして販売する、というような場合はどうでしょうか?

一昨日と昨日の当ブログで触れたような「一体資産」に該当し、総額が1万円以下で、食品の占める割合が3分の2以上であれば、全体が8%の軽減税率の対象となるのでしょうか?

結論は、このケースでは「一括資産」に該当しない、ということになります。

つまり、惣菜は「飲食料品」なので8%の軽減税率対象ですし、ビールは「酒類」なので軽減税率の対象とならない、ということになります。セットで購入して値引きを受けられるとしても、あくまでも別々の商品としても購入できるので、税率も別々、ということになります。

なお、値引き後の額は、値引き前の額で按分する等、合理的に算定することになります。

記:資産家を応援する相続の専門家:税理士法人レガシィ  天満 亮  3391

(幸せなキャッシュフロープロジェクト)(もめない・もめさせない遺産相続プロジェクト)

  • 無料面談、無料メール相談
  • 知って得する相続豆知識 メールマガジン

アーカイブ

  • ※日本最大級とは創業以来の申告・有料コンサルティング合計件数のことを指します。

PAGE TOP