天野隆の相続応援日記 INHERITANCE SUPPORT DIARY OF TAKAHASHI AMANO ここでは資産税専門の税理士法人レガシィの専門家が、「相続の仕事で感じたこと」、「ルール化されたこと」、「お知らせしたいこと」を書かせていただいています。皆様の何かのヒントになれば幸いです。

2004.8.1 法定相続分で決まるのは1%以下

2004.8.1 | カテゴリ:相続応援日記

「本当にもめて、裁判所に来て、調停できなかった案件だけが法定相続分で分けているのです。」と言われたのは家庭裁判所の裁判官で相続案件に詳しい方でした。相続の遺産分割協議は相続人間の話し合いで決まります。亡くなってから10ヶ月内の相続税申告期限内で決まります。9割以上でしょう。これはどんな分け方をしても話し合いで決まれば自由です。もめますと家庭裁判所に行きます。ここでも裁判官から調停を薦められます。9割以上が決着します。法定相続分とは限りません。残った10%の10%すなわち全体の1%が裁決で法定相続分で決まります。

遺産分割がどのように行われたかの事例分析はこちらからhttp://www.fpstation.co.jp/souzoku/souzoku-case/1_12.html

  • 無料面談、無料メール相談
  • 知って得する相続豆知識 メールマガジン

アーカイブ

  • ※日本最大級とは創業以来の申告・有料コンサルティング合計件数のことを指します。

PAGE TOP