相続税申告件数は日本で最大級 50年を超える歴史 税理士法人レガシィ

天野隆の相続応援日記 INHERITANCE SUPPORT DIARY OF TAKAHASHI AMANO ここでは資産税専門の税理士法人レガシィの専門家が、「相続の仕事で感じたこと」、「ルール化されたこと」、「お知らせしたいこと」を書かせていただいています。皆様の何かのヒントになれば幸いです。

2018.12.12 法人税の調査事績。その3

2018.12.12 | カテゴリ:相続応援日記, その他

先日、国税庁から、平成29事務年度における法人税の調査事績が公表されました。

平成29事務年度の法人税の実地調査の件数は約98千件で、そのうち約21%にあたる約21千件は、不正計算があったものとされています。

不正1件当たりの不正所得金額で、上位に来る業種は、何でしょうか?

「パチンコ」(前年第4位→本年第2位)や「水運」(前年第1位→本年第3位)が安定して上位に入っています。

不正1件当たり40百万円~50百万円ですので、かなりの金額と言えるでしょう。

不正発見割合で上位に入った飲食関係も、やはり多いようでして、「その他の飲食料品小売」(第1位、約55百万円)、「その他の飲食料品卸売」(第9位、約25百万円)、「野菜・果物卸売」(第10位、約23百万円)となっています。

確かに悪質な業者もあるかもしれませんが、その業種の全ての業者が悪質ではない、ということは、当然ですが強調しておきます。

もっと言いますと、あくまでも課税庁側が不正計算と判断したに過ぎず、実際に不正だったかどうかすら当事者にしか分からない、ということも補足させて頂きます。

記:資産家を応援する相続の専門家:税理士法人レガシィ  天満 亮  3988

(幸せなキャッシュフロープロジェクト)(もめない・もめさせない遺産相続プロジェクト)

  • 無料面談、無料メール相談
  • 知って得する相続豆知識 メールマガジン

アーカイブ

  • ※日本最大級とは創業以来の申告・有料コンサルティング合計件数のことを指します。

PAGE TOP