天野隆の相続応援日記 INHERITANCE SUPPORT DIARY OF TAKAHASHI AMANO ここでは資産税専門の税理士法人レガシィの専門家が、「相続の仕事で感じたこと」、「ルール化されたこと」、「お知らせしたいこと」を書かせていただいています。皆様の何かのヒントになれば幸いです。

2005.7.20 死から生を考えるその3

2005.7.20 | カテゴリ:相続応援日記

生き方を考える上でこんな試みがあるようです。それは今自分で、将来の自分の弔辞を書くことです。「彼は…こんな人でありました。」「彼はこんな時…。」「彼が私たちに遺してくれたことは…。」弔辞は長辞とも書くという説があり、長いほうがいいそうです。自分で理想的な弔辞を書いていくうちに気づくことがありそうです。今の現実と比べこれからの使命に気づくことが多いようです。この試みも死から生を考える絶好の機会のようです。

記:資産家を応援する相続・相続税の専門家:天野隆。430。(幸せなキャッシュフロープロジェクト)(もめない・もめさせない遺産相続プロジェクト)

相続準備の応援メールマガジン「知って得する相続豆知識」はこちららから:ホームページ「あなたの相続お悩み解決サイト」はこちらから

  • 無料面談、無料メール相談
  • 知って得する相続豆知識 メールマガジン

アーカイブ

  • ※日本最大級とは創業以来の申告・有料コンサルティング合計件数のことを指します。

PAGE TOP