天野隆の相続応援日記 INHERITANCE SUPPORT DIARY OF TAKAHASHI AMANO ここでは資産税専門の税理士法人レガシィの専門家が、「相続の仕事で感じたこと」、「ルール化されたこと」、「お知らせしたいこと」を書かせていただいています。皆様の何かのヒントになれば幸いです。

2017.8.3 歩道状空地の評価。その2

2017.8.3 | カテゴリ:相続応援日記, 相続関連情報

7月24日、国税庁HPにおいて、「財産評価基本通達24(私道の用に供されている宅地の評価)における『歩道状空地』の用に供されている宅地の取り扱いについて」という<お知らせ>が公表されました。

「歩道状空地」についても、「私道」と同じように評価できる場合があるにもかかわらず、過大に評価されていた事例があったようです。

最高裁判所平成29年2月28日判決では、「私道」として減額評価する根拠として、以下のように述べています。

・建築基準法等の法令によって建築制限や私道の変更等の制限などの制約が課されている場合に限定する理由はない

・当該宅地の位置関係、形状等や道路としての利用状況、これらを踏まえた道路以外の用途への転用の難易等に照らし、当該宅地の客観的交換価値に低下が認められるか否か、また、その低下がどの程度かを考慮して決定する必要がある

記:資産家を応援する相続の専門家:税理士法人レガシィ  天満 亮  3657

(幸せなキャッシュフロープロジェクト)(もめない・もめさせない遺産相続プロジェクト)

  • 無料面談、無料メール相談
  • 知って得する相続豆知識 メールマガジン

アーカイブ

  • ※日本最大級とは創業以来の申告・有料コンサルティング合計件数のことを指します。

PAGE TOP