天野隆の相続応援日記 INHERITANCE SUPPORT DIARY OF TAKAHASHI AMANO ここでは資産税専門の税理士法人レガシィの専門家が、「相続の仕事で感じたこと」、「ルール化されたこと」、「お知らせしたいこと」を書かせていただいています。皆様の何かのヒントになれば幸いです。

2006.5.23 東京近郊の相続の実態その1

2006.5.23 | カテゴリ:相続応援日記

国税庁は2006年4月28日に「2004年度(平成16年度)税務統計 相続税関係(速報)」を発表しました。内容を御一緒に吟味していきたいと思います。

東京国税局(東京・神奈川・千葉・山梨)の全国におけるシェアです。

    

申告した被相続人数: 29%=12,478人÷43,488人

申告した課税価格:  35%=3,427,659百万円÷9,861,773百万円

申告した納税金額:  45%=483,017百万円÷1,065,057百万円

これから分ることは

東京国税局管内の相続は資産家の規模が全国に比べ課税価格は大きい。土地の値段が高い、預貯金を多く持っている人が多いと思われます。更に納税額は全国の半分弱になっており調査官もここに重点的に配置されていると想像されます。


記:資産家を応援する相続・相続税の専門家:天野隆。730。(幸せなキャッシュフロープロジェクト)(もめない・もめさせない遺産相続プロジェクト)

相続準備の応援メールマガジン「知って得する相続豆知識」はこちららから:ホームページ「あなたの相続お悩み解決サイト」はこちらから

相続のメール無料相談はこちらから

  • 無料面談、無料メール相談
  • 知って得する相続豆知識 メールマガジン

アーカイブ

  • ※日本最大級とは創業以来の申告・有料コンサルティング合計件数のことを指します。

PAGE TOP